良い会社を見抜くには、、、

株価が高いとよい会社なのかな〜?と、思い調べたところ、、、
☆ブログランキング参加しています♪クリックお願いします☆株価だけで、単純には比較はできない事がわかりました。
例えば、ソニーは去年に株価が約3万円から、約1万5千円になりました。これは、株式分割ということをやって、1株を2株に分割したためだそうです。
100株持っている人は200株に増えるのですが。ソニーの価値は分割の前と後で変わらないので、株数が2倍になれば株価は半分になることになるのです。。。


では、どうやってよい会社かを調べるには一般的には会社の価値「時価総額」で測ります。

時価総額は、株価×株数で計算します。(株価が高くても株数が少なければ時価総額は小さくなり、逆に株価が低くても株数が多ければ時価総額は大きくなる)

☆ポチっと応援お願いします☆


株式の売買

株式の売買は証券会社でなければできません。
2004年から、証券仲介業という制度がスタートして、銀行なども売買の注文を取次ぐことができるようになりましたが、その場合も証券会社に口座を開設する必要があります。

口座を作るには、店頭の他にも、電話やインターネットで申込をすれば口座開設の手続きができます。
*書類が郵送されてきて、申込書に記入、署名捺印をして、本人確認書類などと一緒に返送して初めて口座が開設されます。

1万円で買える銘柄

「株価」が100円で「売買単位」が1,000株の銘柄だったら、株式ミニ投資(ミニ株)で買えば1万円に!!

*株価が100円以下の銘柄は、経営が厳しいなどの理由がある場合が多いので、買うときには、よく注意しなくてはいけません。

株式ミニ投資(ミニ株)

「株式ミニ投資(ミニ株)」制度。
「売買単位」の10分の1の単位で売買ができます。

例)
「売買単位」が100株の銘柄だったら10株、「売買単位」が1,000株の銘柄だったら100株で売買できる。

*「株式ミニ投資(ミニ株)」は、前の日に注文を出さなければならない。
*「売買単位」で取引する「単位株」は、取引所が開いている時間はいつでも取引可能。
*「売買単位」が1株の場合には、10分の1にできないので、「株式ミニ投資(ミニ株)」では扱っていません。


「株式ミニ投資(ミニ株)」は、扱っていない証券会社もあって、扱っている銘柄も証券会社によって違うので、買おうと思っても買えない銘柄があります。



株の売買単位

新聞の株式欄をよく見ると、銘柄名の前にAとかBとかいったアルファベットがついています。これが、「売買単位」を表しています。(取引をするときの最低単位)

銘柄によって「売買単位」は1,000株、100株、1株のものがあります。

例)
「株価」が500円で、「売買単位」が1,000株の銘柄の場合、
 500円(株価)×1,000株(売買単位)=50万円が必要金額

「株価」が10万円で「売買単位」が1株の銘柄の場合、
 10万円(株価)×1株(売買単位)=10万円が必要金額

オンライントレードをする場合には、ふつう、株数が「売買単位」に合わないと「エラー」としてはじかれるので、間違った注文が通ってしまうことはありません。


株のリスク

皆さんご存知の通り、常に株価は上がるとは限りません。
株価の下落や、最悪の場合倒産して株式が紙くずになる事があるので、常にアンテナを張り巡らせ、分析や情報収集をが必要です。

株主の特典

株主総会に出席する権利を得られます。
芸能関係の株主総会が終わった後に芸能人に会えたり、ゲームソフト会社では発売前のソフトができたり、料理関係の会社では料理が食べられたりと言う、楽しい特典のある会社もあります。

株の魅力

株式投資の魅力&リスク

魅力は、なんと言っても値上がり益のを得られる事と、配当金・株主優待が得られる事だと思います。 
成長著しい会社の株であれば、大きな値上がり益を得る事も可能です。
また、配当も預金と比べて高い利率のものがあり、株主優待に関しては株主しか手に入れられないような珍しいものがあったり、鉄道や航空会社の優待は、50%引きになるような割引券の場合もるんるん

それに、株をやっていると、世界情勢や経済の知識が身につきます。
政治・原油相場・天災や気候等・流行品など様々なものに影響されて株価が変わってくるので、常に新しい情報を収集していく事になるので、世の中の色々な事に詳しくなれます。

株の仕組み

株式とは・・・
会社を経営していくためには、多額の資金が必要になるので、会社は多くの人から事業を行うための運営資金を求めます。
この集めた運営資金を資本金といい、会社がある以上返済しなくても良い安定した資金として使用します。
その資金を出資した人を株主といい、その出資に対する株主の権利を表わす証書として、株式を発行します。
つまり株式とは、株式会社が株主に対して発行する出資証券のことです。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

テクノラティプロフィール